FPC08 / Panasonic(NJS) NJS パナ号

パナ号組立-ポジション出し・トルクチェック

更新日:

ついにブレーキがついて乗り出せるパナ号のポジションだしを行います!

と言っても、ちゃんと組み上げてきましたので、ハンドルとシートポストの高さを見て、トルクチェックするだけです。

KTC トルクレンチ

CMPB1003 / KTC

日本が誇るKTCのトルクレンチ!

少々お高いですが、20~100Nmまでチェックできるのでこれ一本あるとピストの組み上げには便利です!

Exif_JPEG_PICTURE

NITTOのステムには上記のようなトルクについての注意書きが入っていますのでそのとおりにトルクとかけていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

ハンドルバーのクランプは規定どおり16Nm

Exif_JPEG_PICTURE

ハンドルの高さについては、ステムをもぐらせたほうが見た目的にかっこよかったので

Exif_JPEG_PICTURE

ブレーキ取り付け前に最大まで下げていましたが

Exif_JPEG_PICTURE

ここは25Nm

以前FUJI号でここのトルクを甘くしていた為に、スキッド中に怖い目にあったので、ピストはここ重要!

Exif_JPEG_PICTURE

シートポストもこんな感じ。

こんなに軽くて良いの?と思いながら締めましたが6Nm。

 

日東 NITTO バーエンドキャップ EC-01

バーエンドキャップ EC-01 / NOTTO

最後にバーエンドキャップを取り付けます。

日東 NITTO バーエンドキャップ EC-01

ここに

日東 NITTO バーエンドキャップ EC-01

ぐっと・・・

日東 NITTO バーエンドキャップ EC-01

六角を締めて

日東 NITTO バーエンドキャップ EC-01

完成!

バーエンドキャップが無いことで特に問題は無いと思いますが、見た目と言う意味では重要!

 

-FPC08 / Panasonic(NJS), NJS, パナ号
-, , ,

Copyright© ピストバイクカスタムラボ(Fixed Gear Custom Lab) , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.